▶English page

レジデント日記

レジデント2年目の者です。

ここ数日、花冷えの日が続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。朝起きたらしっかりプロテイン、飲んでいますか?
身体作りの話はさておき、4月になり職場の雰囲気も昨年度とは変わってきております。そうです、新入医局員と他院からいらした心強い先輩方が4月より本院読影室で共に働くことになったのです。今までお会いすることができなかった先生もいらしたのですが、共に働き、ご飯を食べて、笑い、同じ時間を共有すると、どんどん仲良くなれちゃうんですよね。やっぱりこの医局はステキだなあ、と再認識する次第です。我が選択に一片の悔い無し。
さて、そんな心も体もラオウを目指している私ですが、今では読影当直にもバリバリ入っており、時には難しい症例の読影依頼も飛んできます。

頑張って読影するのですが、やはり不安でしょうがないときもあるものです。そんな時は生田長江先生のあの言葉を思い出します。
『自分の前に敵がいっぱいあらわれた時は、振り返って見よ。味方がいっぱいいるものだ。』
K先生、いつも相談乗ってくれてありがとう。O先生、あんな時間に電話してしまったのに優しく教えてくださって本当にありがとうございました。M先生、たまたまとはいえ隣にいてくださった時の安心感は忘れられません。

東京慈恵会医科大学放射線医学講座に興味をお持ちの方々へ。
とても温かく、楽しい職場です。先輩達もみんな優しい。上述できませんでしたがスキルアップも日々実感できます。皆さんと一緒に働ける日を心よりお待ちしております。
皆さんにとって実り多き季節になりますように。

2018年4月掲載

 

 

先日、頭頸部懇話会に参加致しました。

レジデント2年目です。桜も咲き始め、春の香りが漂い始めました。先日、頭頸部懇話会に参加してきました。放射線科では母校の垣根を越えて、様々な他医機関で活躍なさっているエキスパートの先生方と勉強会を通しての交流があります。頭頸部懇話会もその1つで、年1回都内の会議室を借りて、関東の頭頸部領域を専門とする先生方が勉強会を通して議論し、その後お食事を取りながら色々な世間話に花を咲かせます。私はまだ専門領域を決めておらず、会開始直後は大先生方を前に緊張で喋れませんでしたが、皆様方明るく大変話しやすい方ばかりでしたので、心の氷もすぐに溶け、大変有意義で心安らぐ時間を過ごすことができました。こういった会は自分の知識研鑽の為のみならず、貴重な出会いの場でもあるため、今後は積極的に参加してみようと思いました。

2018年4月掲載

 

頭頸部懇話会

 

 

 

東京泌尿器放射線勉強会に参加して

東京泌尿器放射線勉強会レジデント一年目です。

今年の4月に当放射線科に入局してからあっという間に半年が過ぎました。今年の入局者は6人で、皆で助け合いながら働いています。先月から、各画像診断領域(頭頚部、胸部等)や超音波検査、IVR等のローテーションが始まり、私は今核医学で学んでいます。学生時代や初期研修医の際にはほとんど馴染みのなかった分野ですが、機能的評価が出来る核医学検査は普段見慣れているCTやMRIとはまた違った面白さがあります。
また、今月から一年目も当直が始まりました。前回の当直では絞扼性イレウスや消化管出血疑いの方の画像の読影依頼があり、一人で判断する心細さを実感するのと同時に、日々の勉強の大切さを改めて感じました。写真は今月参加した東京泌尿器放射線勉強会の様子です。最初に前立腺MRI診断のピットフォールについて講義頂き、その後radiation後後腹膜線維症や膀胱neuroendocrine carcinoma等の症例発表とともに、活発な意見交換がなされました。なるべくこういった勉強会に参加して、一歩一歩知識を深めていこうと思っています。

2017年11月掲載

 

 

ASTRO’s 59th annual meetingに参加してきました。

ASTRO’s 59th annual meetingこんにちは。
レジデント3年目です。
9月23日から米国サンディエゴで行われたASTRO’s 59th annual meetingに参加してきました。世界各国から著名な放射線治療医・放射線治療専門技師が参加する、世界最大規模の放射線治療学会です。一般的な学術発表はもちろん、educational sessionでは治療計画作成時のcontouringのセミナーや治療に難渋した症例に対するディスカッションなど、日々の業務に直結する内容もありました。また、新しい医療機器のデモンストレーションや使用方法のレクチャーが大変な盛り上がりを見せていました。

 

ポスターセッションでは日本からの発表も数多くあり。日常業務に加えて研究・発表への意欲を掻き立てられる貴重な体験でした。日々の仕事に生かしていこうと思います。

2017年11月掲載

 

 

IVRをローテーション中です

私は先月よりIVRをローテーションしています。
IVRではCVカテーテル、PICCカテーテルの挿入、腹部血管造影やCVポート造設などの手技をさせて頂いています。手技は同じでも患者さん一人一人に血管のバリエーションがあり、それにあわせてカテーテル挿入することの難しさを感じています。実際に手技をさせて頂くときはとても緊張しますが、無事に手技が終わった時の達成感は殊更なものがあります。また上級医の先生方が行っている超音波・CTガイド下生検やTACE、AVMや動脈瘤等の治療なども実際に間近でみることができます。病変や患者さんのその時の状態に合わせて最適な方法を選択し、実際に治療されているのをみることができ、とても勉強になりました。
また緊急カテーテル治療が行われることもあり、リアルタイムでどのように治療を行うのか、スピーディーに決まっていき大変な緊張感があります。
放射線部のBBQの写真看護師さんや放射線技師さんなどのコメディカルの方々との連携も円滑でとても雰囲気のいい現場でした。
写真は休日に行われた放射線部のBBQの写真です。ONOFFははっきりとしていて、とても楽しいです。

私は現在子育て中ですが、手技はもちろん、分からないことがあれば丁寧に指導して頂いており、とても実りあるローテーション期間を過ごしています。
子育て中ということもあり、時間にも多少の制限はありますが、限られた時間を最大限に活かして勉学に励もうと思います。

2017年10月掲載

 

 

尾尻先生の教授就任パーティーが開催されました

レジデント3年目です。
7月15日に尾尻先生の教授就任パーティーが開催されました。附属病院をはじめ、遠方からも数多くの方々がご参加になり、華やかな会となりました。私は昨年から附属病院に勤務しており尾尻先生と本院でご一緒させて頂いたのは1年程でしたが、私をはじめレジデントにも気をかけて下さったのを覚えています。

放射線科は現在様々な課題と直面していますが、尾尻先生はパーティーの中で今後の放射線科の運営に関する決意をお話しになりました。それをお聞きして私も身が引き締まる思いを感じました。

2017年9月掲載

 

尾尻先生の教授就任パーティー

 

 

★これより以前の日記は後日順に掲載していきます。

ページの先頭へ戻る