症例呈示
レジデント日記
大学近郊名所案内
市民公開講座のご案内
▲ 過去の開催も掲載しております。

慈恵医大放射線医学講座におけるレジデントプログラム

前期レジデントでは放射線診断と放射線治療の全ての領域をローテーションし、放射線科医としての基礎を作ります。続いて後期レジデントでは、放射線診断あるいは放射線治療のいずれかを選択してローテーションし、放射線診断ではgeneral radiologistとして、放射線治療ではradio-oncologistとして偏りのない専門医を育成します。

 

施設 研修内容 前期レジデント2年間 後期レジデント3年間
放射線診断 放射線治療
本院 画像診断全般 6    
       
放射線治療 3   36
       
IVR 2 3*  
核医学 2 3*  
超音波診断 2 3*  
       
頭頸部・中枢神経 2 3*  
胸部・心大血管 2 3*  
腹部・生殖器 3 3*  
骨軟部 2 3*  
選択   3  
         
分院 青戸病院   12  
第三病院    
柏病院    
  合計 24ヶ月 36ヶ月 36ヶ月

 

1.レジデントプログラムは前期レジデント2年間と後期レジデント3年間から成る。

 

2.前期レジデントは付属病院(港区西新橋)の画像診断部と放射線治療部にて行う。
(1)画像診断部にて画像診断全般から開始する。以下、この6ヶ月での到達目標
  1) X線透視検査が行える
  2) CT、MRI撮像プロトコールが指示できる
  3)レジデント7ヶ月から当直業務が入るので、救急画像診断読影の基本を学ぶ
(2)その後、順位不動に画像診断部にて放射線診断(頭頸部・中枢神経、胸部・心大血管、腹部・生殖器、骨軟部)、IVR、核医学、および超音波診断を研修し、放射線治療部にて放射線治療を研修する。

 

3.後期レジデント(放射線診断)
(1)付属病院(港区西新橋)の画像診断部にて頭頸部・中枢神経、胸部・心大血管、腹部・生殖器、骨軟部、IVR、核医学、超音波診断、および“選択”を基本的にそれぞれ3か月間ローテーションする
  1) “選択”は本人の希望領域を指す
  2) *印の研修期間は本人の希望により、短縮あるいは延長可能とする
(2)1年間を青戸病院(東京都葛飾区青砥)、第三病院(東京都狛江市)、柏病院(千葉県柏市)のいずれかで研修を行う

 

4. 後期レジデント(放射線治療)
(1)付属病院(港区西新橋)の放射線治療部にて研修をおこなう。

 

このページのTOPへ