▶English page

研修・専門修得コース

放射線部の初期臨床研修・専門修得コースの特徴及び内容

 

はじめに

 大学附属病院の放射線部は画像診断部と放射線治療部に分かれています。画像診断部はさらに、画像診断部門、インターベンショナルラジオロジー部門、超音波診断部門、核医学検査部門に分かれ、それぞれの専門領域の診療を行っています。放射線治療部では、主に悪性腫瘍の患者を対象とした外来と病棟での診察、放射線治療計画、および患者ケアを行っています。

 

1.初期研修コース
初期研修医のための選択診療科目として、放射線部を選択できます。

 

研修の特徴:
主に画像診断で研修します。画像診断の全ての領域を読影していますので、特定の専門分野に偏ることなくオールラウンドな画像診断研修が受けられます。

 

研修内容:
1) 単純エックス線写真の読影を主に胸部写真について行います
2) CT、MRIでの造影剤投与の適応と造影剤の使用上の注意点を理解します
3) 基本的症例のCT、MRIの読影を指導医と共に行います
4) 消化管造影検査など透視検査を指導医の基に修得し、読影を行います
5) 経静脈性胆道造影、経静脈性尿路造影などの造影検査を指導医の基で修得し、読影を行います
6) 基本的症例(主に腹部スクリーニング)の超音波検査を指導医の基で修得し、読影を行います
7) 専門医の指導のもと、週一回行われる画像診断部内のカンファレンスで症例提示を行います

 

2.専門修得コース
初期研修修了後に日本医学放射線学会認定の専門医資格取得を目指すための専門医修得コースで、日本専門医機構に承認された放射線科領域プログラムです。日本医学放射線学会の規定に沿って、画像診断と放射線治療の放射線全般の修練を2年間行った上で認定医試験を受験します。これに合格して放射線科の認定医となります。その後、画像診断あるいは放射線治療の修練を更に2年間行い、放射線診断あるいは放射線治療の専門医試験を受験します。これに合格して放射線診断専門医あるいは放射線治療専門医となります。

 

慈恵医大のレジデントの研修プログラムを以下に示します。

研修プログラム…PDF  ←2017年10月11日掲載

ページの先頭へ戻る