症例呈示
レジデント日記
大学近郊名所案内
市民公開講座のご案内
▲ 過去の開催も掲載しております。

沿 革

西暦 年号 放射線医学講座
1924年 大正13年  9月 診療科としてレントゲン科が開設
1930年 昭和 5年 12月 樋口助弘(九州帝国大学第一内科)が助教授として着任
1932年 昭和 7年   樋口助弘が教授を委嘱され物療学教室が誕生し、樋口助弘が第1代教授に就任
1940年 昭和15年   樋口助弘教授が学会の事務局を委嘱され、日本医学放射線学会事務局が慈恵医大放射線医学教室に設置
1960年 昭和35年   中原一臣が第2代教授に就任
1963年 昭和38年   本邦初のX線フィルム中央管理ファイルシステムを開始
1972年 昭和47年   藤井正道が教授、石川徹が助教授、藤川光弘と作山攜子が講師として、聖マリアンナ医科大学放射線科に転出
1973年 昭和48年   望月幸夫が第3代教授として着任
1974年 昭和49年   五味誠が教授に就任
1976年 昭和51年   全身用CT(ACTA scan)が設置
1983年 昭和58年   MR装置(我が国初の商業MR装置)が設置
1989年 平成 元年  1月 多田信平が教授に就任
1994年 平成 6年   超音波検査室が読影室から独立
1995年 平成 7年  4月 川上憲司が第4代教授に就任
1998年 平成10年  1月 福田国彦が第5代教授に就任
1999年 平成11年   マルチスライスCTを導入し、断層撮影装置を撤去
2000年 平成12年  1月 兼平千裕が教授に就任
付属病院において診断部と治療部とに分離
2002年 平成14年 11月 原田潤太が教授に就任
2003年 平成15年   前立腺小線源治療開始
2007年 平成19年   超音波診断センター設立
2009年 平成21年  4月 関谷 透が教授に就任
2010年 平成22年  8月 宮本幸夫が教授に就任
2012年 平成24年  1月 関根 広が教授に就任
2015年 平成27年  2月 貞岡俊一が教授に就任
2016年 平成28年 8月 青木 学が教授に就任
2017年 平成29年 1月 内山眞幸が教授に就任
2017年 平成29年 4月 尾尻博也が第6代教授に就任

 

このページのTOPへ