▶English page

その他のお知らせ (学会での受賞報告など)

 

科学研究費補助金 LQモデルへの時間関数の導入

 

本研究では、正常組織に発生するがん細胞がランダムに増殖するパターンと、放射線治療により放射線感受性が異なる癌組織や正常組織がどのように反応するかを、時間因子を組み込んだ動的なシミュレーションモデルを作製し、時間-線量-分割関係を明らかにして最適な照射設計を確立することにあります。また、この動的シミュレーションモデルは短期間の学習を余儀なくされる学生や研修医に、放射線治療による腫瘍制御や正常組織の反応の様子を理解してもらい興味を持ってもらうための学習用コンテンツとしても有用と考えています。
                                      東京慈恵会医科大学 放射線医学講座 関根 広

 

  https://www.radbiolog.jp/ サイトはこちら

 

 

 

目次のページへ

 

 

 

ページの先頭へ戻る